ガジェット

「韓国版Galaxy S8 SM-G950N」を購入&開封!

先日、Samsungの最新スマートフォン「Galaxy S8」を韓国より購入しましたので、開封及び通信面について軽く記録しておこうと思います。


今回はKTというキャリアから販売されているモデルを購入しました。以前はSK Telecom、KT、LG U+の韓国キャリア3社で型番が異なりましたが、今回から共通型番の取り扱いになるようです。


スペックの詳細は省略しますが、こちらはExynos搭載、RAM4GB/ROM64GBのモデルです。




では早速開封!

 



外箱です。S7同様、黒いパッケージです。



スリーブを外します。



本体が出てきました!


先に付属品を見てみます。



説明書やSIMピン、USB Type-Cケーブル、アダプタ、変換コネクタが入っています。
そして今回から、付属のイヤホンがAKGに。




続いて本体を見ていきます。



こちらは前面。
韓国のキャリアモデルですので、起動画面にロゴが出てきます。
画面の縦横比が16:9と細長くなり、ディスプレイの占める領域が大きく広がりました。

 



S8ではオンスクリーンキーとなっています。
昨年のモデルである非エッジ、5.1インチのS7と並べてみましたが、本体のサイズ感はほとんど変わりませんね。画面サイズは5.8インチと巨大化していますが、かといって持ちやすさを損なっている訳では無いので、非常にありがたいです。S8+もS7 edgeとほぼ同サイズです。私は本体がよりコンパクトなほうがより好みだったので、無印のS8を選択しました。


背面です。

 

 



カラーは新色のOrchid Grayを選択しました。見る角度や光の当たり具合によって色合いが変化し、高級感も兼ね備えたこのカラー、とても気に入っています。
また、前面の物理ホームボタンの廃止により、指紋認証センサーの位置がS8から背面に移動しています。慣れるまでは使いにくく感じるかも。(指紋認証速度については後日追記します)
韓国版ですが、背面にはCEマーク等の表記は無く、型番やIMEI等の記載のみでスッキリしています。


本体上部です。



SIMスロットがあります。韓国版はシングルSIMですので、SIMカード1枚とMicroSD1枚が入るトレイになっています。


本体下部です。



イヤホンジャック、USB Type-C端子、マイク、スピーカーが配置されています。


本体左側面です。



ボリュームキーとBixbyボタンが配置されています。


本体右側面です。



こちらには電源ボタンのみ。
ちなみに、S8からは多くのAndroid端末度同様に、電源ボタンとボリュームダウンキーの同時長押しでスクリーンショットが撮れるようになっています。




続いて、ベンチマークや通信面について簡単にチェックしようと思います。


とりあえず、AnTuTuベンチマークを回してみました。
スコアだけが全てではありませんが、申し分ないと思います。非常にヌルサクですよ!



SM-G950Nの対応周波数です。
rootは取っていませんが、ServiceModeからBand Selectionを開けましたので、アップしておきます。Band固定も可能でした。コマンドですが、接続Bandの確認は*#0011#から、MAIN MENUへは*#2283662#から入れます。(XDAより)


対応LTEバンドを見ると、日本国内で使用する場合でも不便では無さそうです。ただ技適マークはありませんのでご注意下さい。



次にキャリアアグリゲーション、CAの組み合わせについて。
docomoでのCA_1-3、SoftBankでのCA_1-8、CA_1-3-8は実際に確認しました。
ステータスバーはLTE表記で、CA時にはLTE+表記になります。また、Band3及びBand41に接続時はCAしていなくてもLTE+表記になりました。
R表記が出ているのは、海外回線からSoftBankにローミングしている為です。



S8/S8+韓国版では3キャリアとも型番が共通化されましたが、CAの組み合わせが共通かどうかは怪しいところです…
KT版でのCA組み合わせは判明しましたので、参考にして頂ければと思います。
私は韓国版S7を2台、KT版SM-G930KとLG U+版SM-G930Lを所有していますが、LG U+版ではCA_1-3すら対応していませんでいたので、S8でも型番が共通化されたとはいえ、組み合わせがキャリアによって異なる場合も考えられます。ですので、韓国版の購入を考えている方で確実にCAを利用されたい方は、KT版を購入されるのが無難かと思います。キャリアのプリインアプリも、3キャリアで一番少ないですし。




ということで、以上でGalaxy S8の簡単な開封レポートとしたいと思います。
まだ1週間弱しか使用していませんが、所有欲の満たせる非常に良い端末だと感じました。Bixbyやカメラなど、まだまだ使いこなせていない機能も多くありますので、また気になった点があれば随時追記していこうと思っています。